現在、製薬会社等ではモニタリング業務を委託することが多くなってきていて外資系の会社ではほぼ委託するのが普通になっています。

そんな中、CRAの募集は増加傾向にあり、ますます需要が高まってきている為、売り手市場と言っても過言ではありません。

どうしてそんなに求人が多いのかというとCRAの経験を持っている人の絶対数が少ないという事が上げられます。

景気が急速に回復しているのも背景に上げられますが少子高齢化が進み様々な新薬の需要が伸びているのも理由の一つです。

優秀な人材の場合、経験が1年未満であっても複数の企業からの内定が出るというケースもあるくらいです。

さらに、CRAばかりではなくCROの方の採用も増加傾向にあります転職を考えているならまさに今がチャンスと言えるでしょう。

しかし、よくよく求人や会社の状況などを把握してから転職しないと後になって後悔する場合もあるので急いで決めずに熟慮してからにしましょう。

この売り手市場はしばらく続くと言われていて通常なら入社するのが難しいような大手製薬会社にも入れるチャンスがあるかもしれません、給与が高い場合だと年収が1000万円を越えることもあるので目の前の求人を焦って決めずキャリアコンサルタントなどと相談しながら決めるのも良いでしょう。

転職サポートサイトなどでは無料でキャリアコンサルタントに相談できる事もあります。

このようなサポートを上手に利用して良い会社へ入れるよう頑張ってみてください。

CRAは売り手市場 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.